妊婦の真夏の過ごし方

ついに妊娠8か月に突入しました。
体が重くて疲れやすくなってきて、仕事が終わるとぐったりです。
休日はごろごろ・・・。
動かないので体重がどんどん増加中!
妊婦健診では毎回体重をチェックされるので、助産師さんに「また増えたね〜」とちくりと言われます。
そこで、最近はウォーキングをするようになりました。
でも季節は真夏!
日焼けも気になるので、夕方の薄暗い時間帯に歩くようにしています。
夕方でもやっぱり8月は暑い!
1時間ほど歩くようにしていますが、帰ってくる頃には汗だくでぐったりです。
毎日なんてとても無理。
次の日には足の裏が痛くて歩くのがつらいので、3日に1回程度しかウォーキングできていません。
これじゃああまり効果はないような・・・。
毎日歩く妊婦さんは本当にすごい。
これでも私、日中は一応体を動かす仕事してるんですけどね。
自分の体力のなさが情けないです。
低カロリーな食事を心がけるしかないのかなあ。
とはいえ、産まれる前に旅行したり、子連れでは行きづらいカフェとかお店でご飯を食べたい!
わがままだということは分かっているんですが、みなさん体重管理はどうやっているんだろう。

今日は40℃近くまで気温が上がるらしいので、家でマタニティビクスのDVDに取り組みます。
頑張るぞ!べたつかない肌になるために使い始めました

妊婦の真夏の過ごし方

本格的な夏気温に換気はせず・長い夏になるか?

連日暑い8月というのに、翌日の気温をチェックしたら37℃とありました。
お盆を前にして全国的に最高気温になっていたのは中部地域、こういった状態は推測すると内陸ゆえの高温でしょうね。

山脈や山地はあるけれどこもり易いとか、標高が高いから風も通りにくいデメリットになる夏の気象です。
数年前にあったという40℃超えの記録がサイトに載っていて、2016年の8月は、例年平均よりも高くなるという予報の様かなという気もします。

この点からしても、用事はゆっくりでいいと考えた一つを週明け早々に済ませて正解、37℃というなら歩いていても汗、汗という状態。
連日気温が高いのでここのところは室内換気もせず、小窓でも換気すればふかふかとしたあったか空気、省エネ考えるもこの気温では空調がベストです。

暑い8月というから立秋すぎて秋風吹くのはいつのことか、7月が涼しかった分は9月も暑いと思える。
9月の下旬や10月初旬に半袖スタイルならば、少し夏時期がスライドするという感じがしますね。朝も夜もギンギンだから自信が出ます

本格的な夏気温に換気はせず・長い夏になるか?

大人気御礼ポケモンGO

皆さんポケモンGOをプレイされているかと思いますが、私もここ最近始めました。
と、言うのも私のスマホが少し前までXperia SO-04Eだったものでまさかの非対応だったんです。
会社の人や周りの方がどんどん始めていく中で、初代からのポケモンファンの私、うらやましくて仕方ない。

思い切って買いました、新しいスマホ!

即ダウンロードの上、ポケモンGOプレイ開始。
意外とやりにくい上にわかりづらい。
チュートリアルもほかのゲームと違ってあんまり親切設計ではないし、目的もあまり良くわからず。それでも出てくるポケモンを捕まえて楽しんでいたのですが、捕まえることによって得られるアイテムを利用して進化をさせたりするもので、案外やり込み型なのかと思いつつあります。しかもとにかく歩かないことには始まらないゲームみたいなので、この夏場の炎天下で散歩したりもしてみました。もちろん運転している時にはプレイしませんが、助手席のときにプレイをすると案外さくさくポケモン捕獲とレベリングができることも判明しました。

昔からポケモン好きな方にとっては、これは確かに夢のようなアプリだなとようやく思い始めるくらいプレイし出したので、まだまだひよっこトレーナーですが狭い移動範囲内でも楽しんでポケモンをゲットしていきたいなと思っています。これは間違いなく中毒性があるので、ハマり体質の方は本当に注意が必要ですよ!内側のケアも大切ですが外側からのケアも考えてください

大人気御礼ポケモンGO

夏休みは市民プールでクールダウン!

夏休みも始まり、年長児の娘とべったりの毎日が始まりました。
毎日暑いですし、そうそう遠出もできないですし・・・、ということで、時間がある時は市民プールへ通うことにしました。
屋内に幼児用プールもありますし、ビート板や体に巻く浮き輪もプールサイドに用意されており、少ない荷物で気軽に行くことができるのが良いです。
そして、暑い毎日の午前中をプールでクールダウンでき、日焼けもきにしなくてよいので、公園に行くよりもずっといいな、と今ではプール通いが楽しくなってきています。
昨年中に、顔を水につけて浮くことができるようになった娘ですが、今年はビート板を使って息継ぎができるように練習しています。
できれば、クロールの練習まで進みたいところです。
ビート板を使って、顔を水につけ、バタ足で泳ぎ、息継ぎする、という形はなんとか様になってきたのですが、ここから先がなかなか難しいようです。
クロールのように左右の手でかきながら顔を横に向けて息をする、という動作がなかなかできません。
私自身、年長か小学1年生の頃にできるようになったと思うのですが、どうやって習得したのか、全く記憶にありません。
そんな中でいろいろと思い出しながら、泳ぎを教えていますが、子どもはまだまだ遊ぶ方が楽しい年頃。泳ぎの練習は少しで、あとは水遊び、という毎日です。
まだまだ年長さんですから、まずは楽しいことが一番で、こんなものかな、と思っています。
意外とプールが混んでいないので、楽しいプールの一時を過ごすことができ、午後はしっかりとお昼寝タイム。
特別なことは何もない夏休みですが、こんな毎日も楽しいな、と思っています。

夏休みは市民プールでクールダウン!