夏休みは市民プールでクールダウン!

夏休みも始まり、年長児の娘とべったりの毎日が始まりました。
毎日暑いですし、そうそう遠出もできないですし・・・、ということで、時間がある時は市民プールへ通うことにしました。
屋内に幼児用プールもありますし、ビート板や体に巻く浮き輪もプールサイドに用意されており、少ない荷物で気軽に行くことができるのが良いです。
そして、暑い毎日の午前中をプールでクールダウンでき、日焼けもきにしなくてよいので、公園に行くよりもずっといいな、と今ではプール通いが楽しくなってきています。
昨年中に、顔を水につけて浮くことができるようになった娘ですが、今年はビート板を使って息継ぎができるように練習しています。
できれば、クロールの練習まで進みたいところです。
ビート板を使って、顔を水につけ、バタ足で泳ぎ、息継ぎする、という形はなんとか様になってきたのですが、ここから先がなかなか難しいようです。
クロールのように左右の手でかきながら顔を横に向けて息をする、という動作がなかなかできません。
私自身、年長か小学1年生の頃にできるようになったと思うのですが、どうやって習得したのか、全く記憶にありません。
そんな中でいろいろと思い出しながら、泳ぎを教えていますが、子どもはまだまだ遊ぶ方が楽しい年頃。泳ぎの練習は少しで、あとは水遊び、という毎日です。
まだまだ年長さんですから、まずは楽しいことが一番で、こんなものかな、と思っています。
意外とプールが混んでいないので、楽しいプールの一時を過ごすことができ、午後はしっかりとお昼寝タイム。
特別なことは何もない夏休みですが、こんな毎日も楽しいな、と思っています。

夏休みは市民プールでクールダウン!